任意整理

任意整理ってどんな手続き?|任意整理について解説

お金とカードの写真

「毎月の返済が厳しい」

「請求額が高額で支払いできない」

借金の返済が難しい状況になった場合には「債務整理」を検討すると思いますが、一般的に任意整理という言葉はあまり知られていないのかもしれません。

 

借金問題の多くのケースは任意整理によって解決可能です。

債務整理の中でも一番選択されている任意整理について詳しく解説していきます。

任意整理とは

任意整理は無理のない金額で支払いが出来るように借入先の会社と交渉する手続きです。

特徴としては自由度が高く柔軟である点が挙げられます。

 

債務整理をする方のほとんどが任意整理によって借金問題を解決しています。

任意整理のメリット

任意整理にはたくさんのメリットがあります

任意整理の主なメリット以下の通りです

利息を0%にする交渉ができる

督促を停止し、支払いをストップすることが出来る

毎月の返済が軽減される

支払い回数が確定し確実に返済できるため、将来の計画が立てやすい

自由度が高く手続きする対象を選択できる

任意整理のデメリット

信用情報機関に登録されるので新しい借り入れが難しくなる

強制執行で給与等の差し押さえになっている場合は交渉が難しい場合がある

任意整理できる借り入れ先とは

任意整理は非常に自由度が高い手続きですが、どんな借り入れについても交渉できるわけではありません。

任意整理ができない、手続きをしてもメリットがない借り入れについてご紹介します。

・住宅ローンや不動産担保ローン

・自動車ローン

・奨学金や公庫などからの借り入れ

・街金(地方の貸金業者)や一部の学生ローン

 

住宅ローンや不動産担保ローンは抵当権が設定されているため任意整理=担保権の実行となり対象物件が処分されてしまいます。住宅をそのまま残して、ローンのみを手続きすることが出来ません。

自動車ローンは所有権留保が付いている場合がほとんどで、任意整理の対象にすると、車両の引き上げをされてしまいます。

奨学金や公庫からの借り入れはそもそもの金利が低く、長期返済であることがほとんどです。任意整理をしても金利が0にならないことが多く、従来の支払額よりも負担が増えてしまうため手続きをするメリットがありません。

街金や学生ローンは任意整理に応じてくれないところも多いため手続きができない場合が多いのが実情です。

※任意整理可能な業者も一部存在します

まとめ

任意整理は自由度が高く後日、破産等に債務整理の方針を変更する事 もできるため、ひとまず任意整理でスタートして、、という場合もあります。

借金があると今後の生活にも大きく影響が出てしまうため、まずは専門家がいる法律事務所や法務事務所へ相談し自分に合った手続きや解決方法を確認する事が大切です。

完全無料で診断できる

減額診断ページへ

メールで気軽に診断可能

-任意整理
-

© 2020 借金解体新書