債務整理

債務整理って何?|5分でわかる債務整理まとめ

読書

債務整理(さいむせいり)という言葉を聞いたことはあるけど、実際どんなものなのか。

詳しい内容について理解している方は少ないと思います。

そんな方にも分かりやすくまとめました。

 

債務整理とは

簡単にいってしまうと

支払いが出来ない借金を減額したり、金利やリボ払いの手数料を0%にしてもらい、元金のみを返済するようにする手続きです。

一般的には専門家である弁護士や司法書士が代理人になり債権者(カード会社等)と交渉する手続きです。

周りに内緒で債務整理できる?

借金があることが家族には絶対に知られたくない、知られずに解決したい、という方がほとんどだと思います。

実際にバレることなく解決可能です。

 

債務整理の種類には複数の手続きがありますが、いずれも同居している家族に知られることなく手続きを完了することができます。

 

自己破産や個人再生は家族にばれるリスクが高い、という情報もありますが。

実務上の感覚ですが、ほとんどの方が家族に知られることなく手続きを完了しています。

 

依頼する事務所によって手続きの進め方などが微妙に違うので、債務整理の経験が豊富な事務所を選択することをお勧めします。

債務整理のメリット・デメリット

債務整理には複数の種類がありますが共通するデメリットは以下の通りです。

メリット

・専門家に依頼した時点で支払い督促が止まり、支払いが不要になる

・支払総額が減額できる、または0になる。

デメリット

・手続きをしたカード利用できなくなる

・信用情報機関に記録され、数年間は新しい借り入れの審査に通りづらくなる。

 

債務整理をした後、いつからまたカードが利用できるようになるのか、気にする方が非常に多いです。

実際の手続き後の報告からすると、任意整理であれば手続き中でも審査を通過したケースもあったりと、各人の収入や申し込み先によって左右される印象です。

 

信用情報に関する記事はこちら>>

ブラックリストに登録されてる?|信用情報のすべて

カードの写真
参考ブラックリストに登録されてる?|信用情報のすべて

度重なる支払い遅れや債務整理により信用情報に登録されてしまい、結果的に審査に通らなくってしまった ロ ...

続きを見る

債務整理できる借金とは

借金というと、いわゆる消費者金融などの借り入れを想像するかたが多いのではないでしょうか。

借金は身近なところで住宅ローンや奨学金、自動車ローン、クレジットカードのリボ払い等があげられます。

また、借り入れ先によっては債務整理をするメリットがない場合もありますが一般的にはクレジットカードや消費者金融の借り入れ、銀行のカードローンや美容関係の分割払いについては手続きの対象になります。

専門家に相談すればどこが対象になるのかすぐに判明します。

債務整理をした方がいい人とは?

借金の返済が苦しく債務整理を検討している方で、借り入れがまだ少額(100万円未満)の方もいるかと思いますが、少額なので大丈夫ということはなく、あくまでも個人の生活収支によるため少しでも返済が厳しい場合は一度相談することをお勧めします。

若年層や収入が少ない方が100万円以下の借り入れで債務整理をするケースも決して少なくありません。

過払い金の返還請求

債務整理の一環として過払い金の請求手続きがありますが、過払い金が発生し返還される場合については、その後信用情報から記録が消えるため、その後の借り入れの審査には影響が出ることはありません。

過払い金の返還請求は専門家に依頼せずとも行うことは可能ですが、専門家に依頼した時よりも取り戻し額が少なくなったりするのが一般的です。

まとめ

債務整理についての基本的な情報について取り上げましたが、自身の状況に合わせて検討する必要があります。

まずは専門家に相談し、現在の生活収支や状況から何が一番良いのかアドバイスをもらうことをお勧めします。

完全無料で診断できる

減額診断ページへ

メールで気軽に診断可能

-債務整理
-

© 2020 借金解体新書