債務整理

ブラックリストに登録されてる?|信用情報のすべて

カードの写真

度重なる支払い遅れや債務整理により信用情報に登録されてしまい、結果的に審査に通らなくってしまった

ローンを組みたいけど審査に通るのか不安

思い当たる節はないが審査に通らない

このような問題を抱える方の為の信用情報や信用情報機関についてまとめです

信用情報とは

信用情報とは、クレジットカードや各種ローン契約の際に支払い能力等を確認するために金融機関がチェックするための情報です。

 

信用情報機関は3つ

信用情報機関には、CIC・JICC・KSCの3つがあります。

金融機関はそれぞれの機関に加盟していますがこの3つには加盟企業に特徴があります。

CIC(株式会社 シー・アイ・シー)

主に信販系の会社・クレジットカード会社が加盟する信用情報機関です。

分割払いを扱う業者や貸金業者は必ず信用情報の照会を行わなければなりません。

CICは、これらの業者に信用情報を提供することを目的としています。

<登録される情報例>

  • 本人の氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
  • 申込内容
  • クレジットカードの契約内容
  • クレジットカードの支払い状況
  • クレジットカードの利用記録

JICC(株式会社 日本信用情報機構)

主に貸金業者が加盟する信用情報機関です。

消費者金融会社や信販会社が信用情報の照会をしたいときに、JICCに登録されている情報が提供されます。

<登録される情報例>

  • 本人の氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
  • 申込内容
  • ローン等の契約内容に関する情報
  • ローン等の支払い状況に関する情報
  • クレジットカードの利用記録

などなど

KSC(一般社団法人 全国銀行協会 全国銀行信用情報センター)

主に銀行・信用金庫が加盟する信用情報機関です。

銀行のローン・銀行系カードローンの利用の時の信用情報照会を目的としています。

<登録される情報例>

  • クレジットカード・ローンなどの契約内容とその返済状況・延滞情報などの履歴
  • 小切手、手形などの不渡情報
  • 民事再生、破産の官報に公開されている記録
  • 運転免許証など本人確認書類の紛失
  • 盗難など本人が申告した内容
  • 銀行ローンや、銀行系カードの利用の記録

なお、事故情報は3機関で共有されます

「一方の機関で延滞の登録があっても、他方の機関に加盟している金融機関では延滞しなければ問題ない」ということはなく、どこかの信用情報機関に事故情報が登録されれば、基本的にどの金融機関を利用しても新たな借り入れ等はできなくなります

事故情報の登録期間

CIC

【任意整理】 クレジットカード・分割払い解約時から5年以内

【個人再生】 クレジットカード・分割払い解約時から5年以内

【自己破産】 クレジットカード・分割払い解約時から5年以内

JICC

【任意整理】 クレジットカード・ローンカード解約時から5年以内

【個人再生】 クレジットカード・ローンカード解約時から5年以内

【自己破産】 クレジットカード・ローンカード解約時から5年以内

KSC

【任意整理】 カード・ローン解約時から5年以内

【個人再生】 再生開始決定日から10年以内

【自己破産】 破産手続開始決定日から10年以内

信用情報を確認するには

 

各信用情報機関へは、自分の登録情報を開示請求で確認できますので、登録情報が消えたかどうかが心配な場合は請求してみましょう。

各信用情報機関で開示方法が違います。

料金や必要書類など、詳しくは各機関のホームページでご確認ください。

CIC https://www.cic.co.jp/mydata/index.html

JICC https://www.jicc.co.jp/kaiji/

KSC https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

まとめ

クレジットカードを申し込んでも審査に通らない、自分の信用情報を確認したい場合はまずは開示請求をかけてみましょう。

意外に簡単に確認することが可能です。

信用情報に登録されてしまうと少なからず借り入れの審査に影響が出てしまいます。

登録されることが無いように十分に注意してカードの利用などをするようにしてください。

現在借金がある方は、専門家に相談することが完済への最短ルートです。

完全無料で診断できる

減額診断ページへ

メールで気軽に診断可能

-債務整理
-

© 2020 借金解体新書